ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは日立オートモティブシステムズと共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2015年9月28日 株式会社日立製作所、日立オートモティブシステムズ株式会社

タイトル

両面冷却型フルSiCパワーモジュールを適用した環境対応自動車向けインバーターを開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所と日立オートモティブシステムズ株式会社は、このたび、環境対応自動車向けの高効率かつ高出力なインバーターを開発しました。これにより、環境対応自動車の長距離走行や快適な加速性能の実現に貢献します。本インバーターは、低損失化が可能なSiCパワー半導体を複数並列実装したパワーモジュールと高速スイッチングが可能な配線実装構造を適用することで、日立従来比で電力損失を60%削減し、同体積での電力容量を約2倍に拡大しました。

今後も日立と日立オートモティブシステムズは、電気自動車やハイブリッド電気自動車をはじめ環境対応自動車向けに搭載されるインバーターの高効率化と高出力化に向け、両面冷却型パワーモジュールなどのキーテクノロジーを活用することで、性能向上に貢献する革新的な技術開発を進めていきます。

図1 開発したインバーター、図2 両面冷却型フルSiCモジュール、図3 チップ並列接続構造

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2015年9月29日
2015年9月30日
2015年9月28日
  • ページの先頭へ