ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは大日本住友製薬株式会社、国立大学法人京都大学iPS細胞研究所と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2015年7月24日 大日本住友製薬株式会社、国立大学法人京都大学iPS細胞研究所、株式会社日立製作所

タイトル

2015年度「再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業(再生医療等の産業化に向けた評価手法等の開発)」採択

リリース文抜粋

大日本住友製薬株式会社、国立大学法人京都大学iPS細胞研究所、株式会社日立製作所の3者は、経済産業省および国立研究開発法人日本医療研究開発機構の2015年度「再生医療の産業化に向けた評価基盤技術開発事業(再生医療等の産業化に向けた評価手法等の開発)」に係る委託先として採択された課題の共同研究に着手しますので、お知らせします。

これまで、京都大学と大日本住友製薬は、ヒトiPS細胞を用いたパーキンソン病治療法の実用化に向けた共同研究に取り組んできました。また、日立製作所では、細胞自動培養技術の開発を進めてきました。このたび採択された研究内容は、ヒトiPS細胞を用いたパーキンソン病に対する再生医療の実用化に向け、ドパミン神経前駆細胞の生産方法の確立等に関する基盤技術および評価手法を開発することです。今後は、本研究の成果を用いて、高い安全性と一定の品質を確保した細胞を効率的に大量生産し、安定供給するための生産方法等を確立することをめざします。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2015年7月24日
2015年7月25日
2015年7月27日
2015年7月26日
2015年7月27日
  • ページの先頭へ