ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは、情報・通信システム社 ITプラットフォーム事業本部と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2015年4月28日

タイトル

ディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform」ミッドレンジモデルを全世界で販売開始

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、ディスクアレイシステム「Hitachi Virtual Storage Platform(以下、VSP)」のミッドレンジモデル5機種を新たに製品化し、本日から全世界で販売開始*1します。

新ミッドレンジモデル「VSP G800」「VSP G600」「VSP G400」「VSP G200」「VSP G100」は、昨年4月に販売開始したハイエンド向けディスクアレイシステム「VSP G1000」の高機能、高信頼を実現するストレージ基本ソフトウェアを搭載し、「VSP G1000」で提供する日立独自の先進的な仮想化機能などを利用可能とすることで、ハイエンドクラスの高い拡張性や運用性を中小規模システムにも適用可能とするストレージシステムです。加えて、データのアクセス頻度に応じたフラッシュ媒体の効率的な利用を可能とする新技術を搭載し、市場環境などの変化にも迅速に対応します。

*1
「VSP G800」については8月17日から販売開始。

「Hitachi Virtual Storage Platform」ミッドレンジモデル(写真は「Hitachi Virtual Storage Platform G800」)

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2015年4月29日
2015年5月1日
2015年4月28日
2015年4月29日
2015年4月30日
  • ページの先頭へ