ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2015年3月9日

タイトル

大規模・分散型データセンター向け大容量・高信頼伝送技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、多拠点に分散したデータセンター間の通信や大規模データセンター内のネットワークを対象とした大容量・高信頼ネットワーク技術を開発しました。

開発した技術は、(1) 低遅延かつ効率良くデータセンター内のデータを集約する技術、(2) 400ギガビット/秒級(従来比4倍)でデータセンター間の大容量通信を実現する光多値伝送向け送受信技術、(3) 複数の伝達路を持つマルチコア光ファイバを用いた災害に強い伝送経路冗長化技術です。

北海道札幌市に敷設された20kmの光ファイバを用いて、データセンター内外のネットワークを模擬した試験用プラットフォームを構築し、今回開発した3つの技術を連携させた実証実験を行いました。その結果、回線を集約する際のデータ転送遅延を1マイクロ秒以下に低減、20kmの通信距離で従来比4倍となる400ギガビット/秒級光通信、マルチコアファイバによる経路の高速切替え動作などを確認し、開発技術の実用性を確認しました。


開発技術を適用したデータセンター

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2015年3月10日
2015年3月9日
  • ページの先頭へ