ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2014年10月14日

タイトル

屋外使用においても視認性の高い小型ヘッドマウントディスプレイ用光学エンジンを開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、強い外光下においても、高い視認性を実現する小型ヘッドマウントディスプレイ向けの光学エンジンを開発しました。この技術は、保守点検などの両手を使う屋外での現場作業において、視覚的に情報を伝達し、作業・行動を支援するシステムなどへの応用が期待されます。日立は、今後、さまざまなユーザーと実証実験を行い、製品化に向けたヘッドマウントディスプレイの技術開発を行います。

保守点検などの屋外作業での活用を考えた場合には、長時間連続使用が可能なことや強い外光下でも視認が可能な明るさを実現する必要があります。これまでは、光学エンジン内にある光源のLEDから発した赤・青・緑の光を拡散板で拡散させ、混ぜ合わせることで、画面の色合いや明るさを均一にしていましたが、目以外の方向にも光が逃げてしまうため、画面が暗くなるという課題がありました。

そこで日立は、LEDが発した光を閉じ込めながら混ぜ合わせることで、視認性の高い光学エンジン技術を開発しました。これにより、従来の拡散板を使用した技術に対して、約8倍の光利用効率となる輝度8,000cd/m2を低消費電力で実現し、外光下でも高い視認性を可能とします。この光学エンジンを搭載したヘッドマウントディスプレイを使用することで、屋外でも視覚的に作業内容を伝え、作業の効率化と確実性の向上を両立することなどが可能となります。


本技術概要図と光学エンジン(イメージ図)

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • ページの先頭へ