ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2014年9月11日

タイトル

強い光による白とびを瞬時に補正するカメラ撮像技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、強い光の反射などにより映像の一部分が白とびする視認性の悪い環境下でも、瞬時にブレなく白とびを補正し、鮮明な映像を撮影することのできる撮像処理技術を開発しました。

これまで、突然明るい被写体が映りこんだ場合の映像を鮮明に撮影するには課題がありました。白とびがある映像を見やすくするためには、明るさを抑えるように露出調整を行いますが、明るさを抑えたことでその他の部分に黒つぶれが発生してしまいます。この問題を解決するため、露出の異なる複数枚の映像を合成し1枚の映像を作成するハイダイナミックレンジ合成という技術が開発されていますが、動きのある被写体に対してはブレが発生してしまうという課題が残っていました。

そこで今回、映像の一部が白とびするような悪環境下でも瞬時に露出を補正し、動きのある被写体でもはっきりと見えるようにするカメラの撮像技術を開発しました。この技術により、突然明るい被写体が入った場合でも最大0.23秒の処理時間で鮮明な映像の撮影が可能となります。

補正前と補正後の映像比較

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • ページの先頭へ