ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは、電気通信大学、サイバー創研と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2014年9月4日 国立大学法人電気通信大学、株式会社日立製作所、株式会社サイバー創研

タイトル

ID情報を秘匿したまま認証が可能なパッシブ型RFIDタグチップの試作に成功

リリース文抜粋

国立大学法人電気通信大学、株式会社日立製作所、株式会社サイバー創研は、ID情報を秘匿したまま認証を行うことで、プライバシーの侵害リスクを低減するUHF帯パッシブ型RFIDタグチップの試作に成功しました。従来のID秘匿認証プロトコルは、タグチップ内で複雑な処理を実行するため、小型化および消費電力を抑えることが困難でした。今回試作したRFIDタグチップは、アナログ信号とデジタル信号の処理回路を1つの回路に集積することで、回路規模が約10 kGE、消費電力は約140 µWの小型化および省エネを実現しました。

本研究開発は、情報通信研究機構の委託研究「軽量暗号プロトコルの省リソースデバイスに対する実装効率向上の研究開発」により実施したものです。

試作に成功したRFIDタグチップ(電気通信大学 提供)

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • LNEWS (2014年9月4日)
  • マイナビニュース (2014年9月5日)
  • Logistics Today (2014年9月5日)
  • 日経テクノロジーオンライン (2014年9月10日)
  • ページの先頭へ