ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2014年5月14日

タイトル

2.45 GHz帯域の微弱な電磁波の到来方向を可視化する技術を開発

リリース文抜粋

電磁波源の可視化の様子

株式会社日立製作所は、このたび、国内の無線通信機器などで使用されている2.45 GHz帯域における電磁波源の位置を特定し、到来方向を可視化する技術を開発しました。本技術は、無線通信を利用した機器やデータ収集を行うM2M、スマートグリッド、産業システム分野において高信頼の無線通信網の実現に貢献します。

近年、スマートコミュニティなどの普及に伴い、無線通信技術を用いた各種データ収集および収集データを用いたマネジメントサービスが増加しています。あらゆる場所で途切れることのない無線通信サービスを実現するためには高信頼の無線通信網の構築が必要であり、他の無線機器との干渉抑制や、設置現場におけるノイズ源の位置を特定する技術が求められてきました。

無線機器が設置されている広範囲な空間で、無線機およびノイズ源の位置を効率的に特定するためには、より多くの電磁波を短時間かつ高感度に検出する必要があります。そこで日立は、光の到来方向を認識できる人間の目に着目し、水晶体と類似した機能を持つ電波レンズと網膜の役割をする電界センサで構成した電磁波源の位置特定・可視化技術を開発しました。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • ページの先頭へ