ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは、日立マクセルと共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2014年2月5日 株式会社日立製作所、日立マクセル株式会社

タイトル

外光が射し込む明るい場所でも見やすいプロジェクターの映像表示技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、明るい場所でも高い視認性が得られるプロジェクターの実現に向けて、高精細映像を毎秒60フレームでリアルタイム処理する映像処理技術を開発しました。本技術では、表示する映像信号を人の視覚特性に基づいて分析し、映像を視認するために重要な成分を抽出・強調することにより、視認性を高めた映像表示を実現します。これにより、プロジェクターの映像出力を上げることなく、見やすい映像を表示することができます。また、さまざまな製品への搭載に向け、実装するハードウェアの構造に合わせて処理アルゴリズムを最適化し、小型のハードウェアで高精細映像のリアルタイム処理を実現しました。

本技術は、プロジェクターはもとより、車載モニタ、監視モニタなどの映像を見やすくすることも可能であり、広範囲な分野への活用が期待できます。

補正前と補正後の映像

掲載先

このニュースは、以下の新聞、雑誌、Webサイトなどに掲載されました。

  • 日経BP Tech-On! (2014年2月5日)
  • 財経新聞 (2014年2月5日)
  • AV Watch (2014年2月5日)
  • マイナビニュース (2014年2月6日)
  • ページの先頭へ