ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2014年1月21日

タイトル

暗号化したままデータ分析を行う秘匿分析技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、暗号化されたデータを復号化することなく、頻度集計、相関ルール分析が可能な秘匿分析技術を開発しました。具体的には、高速検索可能暗号方式を応用することで、10万件規模の暗号化されたデータに対して約10分で相関ルールの分析を可能にするとともに、暗号化されたまま分析処理を実行するため、分析受託者による盗み見や持ち出しなどの情報漏えいリスクの低減を実現しました。

本技術において、分析受託者は暗号化された分析対象データと分析用クエリ(命令)のみを用いて、元のデータを見ることなく相関ルール分析を実行します。暗号化されたまま分析処理を実行することにより、分析受託者による盗み見や持ち出しなどの情報漏えいリスクを低減することが可能となります。今後、より安全なビッグデータ分析の実現に向けて、2014年度中に医療分野での実証試験を行い、2015年度中の実用化をめざします。

暗号化データベース上での相関ルール分析

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • ScanNetSecurity (2014年1月22日)
  • レスポンス (2014年1月23日)
  • ページの先頭へ