ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

重要インフラを支えるIoTシステム向けに開発したメッセージ認証技術「Chaskey」が軽量暗号国際標準ISO/IECに採択

標準的に利用されている暗号化技術に比べ、少ないメモリで高速処理を実現

日立製作所研究開発グループは、ルーベンカトリック大学と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2019年9月20日 株式会社日立製作所、ルーベンカトリック大学

タイトル

重要インフラを支えるIoTシステム向けに開発したメッセージ認証技術「Chaskey」が軽量暗号国際標準ISO/IECに採択

リリース文抜粋

日立とルーベンカトリック大学が共同で開発した、センサーやコントローラーなどの小型IoT機器向けメッセージ認証技術「Chaskey」が、ISO(国際標準化機構)での最終承認を経て、このたび、軽量暗号国際標準規格ISO/IEC 29192-6として採択されました。標準化は国立研究開発法人産業技術総合研究所協力のもと行われました。Chaskeyは標準的に利用されている暗号化技術よりも少ないメモリで高速処理を実現します。本規格により、重要インフラや車載システムを支える小型機器に基本的なセキュリティ機能の導入が容易となることから、システムの安全性が向上することが期待されます。

今後、日立とルーベンカトリック大学は、Chaskeyをはじめとする暗号技術の製品への適用など、安全なネットワーク社会を実現する技術の研究に継続して取り組み、重要インフラのセキュリティを向上させることで、安全安心な社会の実現に貢献していきます。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2019年9月20日
2019年9月23日
2019年9月24日
  • ページの先頭へ