ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、ドイツ人工知能研究センターと共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2019年3月20日 株式会社日立製作所、ドイツ人工知能研究センター

タイトル

作業者の身体負荷をスーツ型のウェアラブルデバイスにより定量評価し、作業動作の改善点を提示するAIを開発

リリース文抜粋


AIによる作業動作認識と作業者へのフィードバックによる支援の流れ

日立とドイツ人工知能研究センター(DFKI)は、スーツ型のウェアラブルデバイスを着用した作業者の身体負荷を定量評価し、身体の部位ごとに作業動作の改善点を提示するAIを開発しました。本技術は、ウェアラブルデバイスのセンサーが計測した動作データを利用し、作業時にかかる身体への負荷をリアルタイムに認識、定量化できるとともに、模範的な作業動作との違いを身体の部位ごとにフィードバックするといった支援を可能にします。

今後、日立とDFKIは、本技術を作業支援や危険行動防止に活用し、さまざまな現場における作業者の安全確保や健康管理、作業教育の効率化に貢献していきます。また本技術は、身体の動作を測定し評価するAIとして、将来的にはスポーツ分野・エンターテインメント分野などへの応用も検討していきます。さらには、これまでに開発した作業認識AIなどとも連携し、作業現場の生産性向上に貢献し、より効率的で働きやすい作業現場の実現をめざします。

本技術は、2019年4月1日~5日にドイツ・ハノーバーで開催される「HANNOVER MESSE 2019」(国際産業技術見本市)のDFKIブースにおいて展示予定です。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2019年3月20日
2019年3月22日
  • ページの先頭へ