ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、日立パワーソリューションズと共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2019年3月19日 株式会社日立製作所、株式会社日立パワーソリューションズ

タイトル

多品種製品を扱う工場で、AIを活用した最適な製品の配置提案と工程計画の立案・管理システムを開発

リリース文抜粋


工程計画立案・管理システムの概要

日立と日立パワーソリューションズは、多品種の産業機器を製造・メンテナンスする工場向けに、画像認識等を行う人工知能(AI)を活用して、作業に最適な製品の配置を提案し、最適な工程計画を立案・管理するシステムを開発しました。本システムを日立パワーソリューションズのメンテナンス工場で検証し、作業日数を20%短縮できることを確認しました。

今後、日立と日立パワーソリューションズは、本技術をLumadaのユースケースとし、2019年度のシステムの実用化をめざして、同様の課題を持つお客さまの課題解決に貢献します。

なお、本成果の一部は、2019年3月19日から東京で開催される電子情報通信学会総合大会で発表する予定です。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2019年3月19日
2019年4月1日
  • ページの先頭へ