ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、理化学研究所と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2019年3月14日 株式会社日立製作所、国立研究開発法人理化学研究所

タイトル

日立と理研が、ヒトiPS細胞由来の網膜色素上皮細胞シートの自動培養に世界で初めて成功

リリース文抜粋


図1 完全閉鎖系小型自動培養装置
図2 自動培養により作製したヒトiPS細胞由来のRPE細胞シート

日立と理化学研究所(理研)の共同研究チームは、再生医療用細胞の培養自動化をめざし、完全閉鎖系小型自動培養装置 (図1)を用いて、ヒトiPS細胞由来の網膜色素上皮のシート状組織(RPE細胞シート、図2)の自動培養に、世界で初めて成功しました。また、自動培養により作製したRPE細胞シートが熟練技術者による手技培養と同レベルの品質であることを、各種マーカーを用いた解析などにより実証しました。

今回の成果は、再生医療用の細胞が完全閉鎖系で自動培養可能であることを示し、この技術により細胞培養従事者の労力を大幅に低減できるだけでなく、医療用細胞の安定的な供給による量産化を可能にし、今後の再生医療をより身近な医療へと導く一歩となります。自動培養技術を有する日立と研究から臨床まで実施する理研は、健康長寿社会の実現をめざして、今後も再生医療における新しい価値の創造に挑戦します。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2019年3月15日
  • ページの先頭へ