ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2019年2月21日

タイトル

「生理学的情報を高画質で取得できるオープン型MRI装置の開発」が第65回大河内記念賞を受賞

リリース文抜粋


オープン型MRI装置

日立は、このたび、「生理学的情報を高画質で取得できるオープン型MRI装置の開発」に関して「第65回(平成30年度)大河内記念賞」を受賞しました。

大河内賞は、公益財団法人大河内記念会が、生産工学、生産技術、生産システムの研究並びに実施に関する顕著な業績を表彰するものです。「大河内記念賞」は、大河内賞の中でも最上位に位置付けられ、学術の進歩と産業の発展に大きく貢献した業績に与えられます。日立は、医療用画像診断に使うMRI(Magnetic Resonance Imaging;磁気共鳴撮像)装置において、被検者の体内から放出される極微弱な電磁波(MRI信号)を高精度で検出する手法を開発しました。さらに、本手法を用いて、トンネル型MRI装置に比べて低コストで被検者負担の少ないオープン型MRI装置を世界で初めて製品化しました。今回の受賞は、これらの取り組みにより、医療の質向上に大きく貢献した点が評価されました。

今後も日立は、優れた経済性と技術の先進性の両面を兼ね備えたオープン型MRI装置をはじめとし、人に優しい医用工学技術の開発により、医療の質と検査効率の向上に貢献していきます。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2019年2月13日
2019年2月15日
2019年2月27日
  • ページの先頭へ