ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、東京大学、科学技術振興機構、内閣府と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2018年11月20日 国立大学法人東京大学、株式会社日立製作所、科学技術振興機構(JST)、内閣府

タイトル

大規模データの匿名加工処理を高速化する技術を開発

リリース文抜粋

  • 情報化社会の進展に伴い、個人情報を含む大規模データの活用が求められています。しかし、大規模データに対して、目的にかなう情報量を確保しながら、プライバシー保護のために匿名加工を施すには、膨大な時間がかかることが課題でした。
  • 大規模データの匿名加工処理の時間を大幅に短縮し、従来の方法の100倍程度の高速性で、対話的に細かな調整をしながら繰り返しデータの抽出・加工・検証を行える技術を開発しました。
  • 本技術は、ヘルスケアや都市計画、購買履歴分析などへのパーソナルデータの活用への適用が期待されます。また、2019年度中に製品に実装することが計画されています。

東京大学 生産技術研究所の喜連川 優 教授の研究グループと株式会社日立製作所は、内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)「社会リスクを低減する超ビッグデータプラットフォーム」の支援の下、ハードウェア性能を最大限に引き出すソフトウェア実行原理である非順序型実行原理を活用し、大規模データの匿名加工処理を高速化する技術を共同で開発しました。これにより利用目的に応じたデータの有用性とプライバシー保護を両立するための対話的な匿名加工処理を可能とし、パーソナルデータの安全な利活用を促進します。

本技術は、2018年11月21日(水)にベルサール九段において開催される「ImPACTシンポジウム」にて展示、および2018年12月21日(金)、22日(土)に国立情報学研究所において開催される電子情報通信学会データ工学研究会第一種研究会・情報処理学会データベースシステム研究会合同研究会にて発表予定です。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年11月20日
2018年11月21日
2018年11月23日
  • ページの先頭へ