ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2018年11月5日

タイトル

工場での設備診断の自動化に向け、音で稼働状態を認識するAI技術を開発

リリース文抜粋


さまざまな観点での音の分解と複数のディープニューラルネットワーク(DNN)を用いた総合判断による状況認識のプロセス

日立は、周囲の雑音に影響されず音に基づいて高精度に状況を認識することができるAI技術を開発しました。本技術では、周囲環境から発生するさまざまな音(環境音)や周囲の物体や人から跳ね返ってくる音(反響音)などの雑音が含まれる音を、音源の方向や音色の違いなどの複数の観点に基づいて分解し、分解された音をもとに状況認識を行います。これにより、設備の稼働状態や人の活動状態を高精度に認識することができます。

今後、さらなる機能向上などを図り、熟練者の経験に頼らず、工場内などさまざまな設備に囲まれた環境に適用が可能な、音に基づく自動設備診断の実用化をめざします。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年11月5日
2018年11月6日
  • ページの先頭へ