ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、新エネルギー・産業技術総合開発機構と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2018年9月19日 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構、株式会社日立製作所

タイトル

組合せ最適化問題に特化したクラウド型計算サービスの無償提供を開始

リリース文抜粋


クラウド型計算サービス「Annealing Cloud Web」のウェブサイト画像

NEDOと日立は、「組合せ最適化問題」に特化したアニーリングマシンを利用したクラウド型計算サービスの無償提供を本日開始しました。

本サービスは、NEDOが日立、産業技術総合研究所、理化学研究所、情報・システム研究機構、早稲田大学に委託した事業の中で、日立が開発した「CMOSアニーリングマシン」を活用することで、複雑な計算処理を高速に実行できます。本サービスを通じて、アニーリングマシンの普及と関連技術者育成の加速を図るとともに、利用者の使い方などのフィードバックを得ることで課題を抽出し、今後の研究開発に生かすことで、アニーリングマシンの性能向上につなげます。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年9月19日
2018年9月20日
2018年9月21日
2018年9月24日
  • ページの先頭へ