ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2018年8月30日

タイトル

電気自動車のモーター駆動省エネ化に貢献する高耐久性構造SiCパワー半導体"TED-MOS"を開発

リリース文抜粋


イメージ図

日立は、電気自動車(EV)の省エネ化に貢献する新構造のパワー半導体として、次世代材料の炭化ケイ素(SiC)を用いた日立独自のデバイス"TED-MOS"を新たに開発しました。

今回開発したパワー半導体は、パワー半導体の一種であるSiCトランジスタの一般的な構造DMOS-FETを基本構造として、ひれ状の溝を形成した新構造のデバイスです。今回、耐久性の指標である電界強度を従来のDMOS-FET比で40%低減するとともに抵抗を25%低減し、エネルギー損失を50%低減できることを確認しました。

今後、日立は、EVの心臓部であるモーター駆動用インバーターの省エネ化に貢献する技術として実用化をめざすと同時に、EV向けだけでなく、社会インフラシステムのさまざまな電力変換器に適用することで、地球温暖化防止や低炭素社会の実現に貢献します。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年8月30日
2018年8月31日
  • EE Times Japan
2018年9月2日
2018年9月3日
2018年9月4日
  • ページの先頭へ