ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、HIROTSUバイオサイエンスと共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2018年7月4日

タイトル

HIROTSUバイオサイエンスと日立が、共同実験室を開設
新たに開発した高スループット自動撮像装置を用いて線虫がん検査の大規模臨床検体解析を加速

リリース文抜粋


日立製作所・基礎研究センタに開設した共同実験室

株式会社HIROTSUバイオサイエンスと株式会社日立製作所は、線虫の嗅覚機能を利用したがん検査方法「N-NOSE」の実用化に向けた大規模臨床検体解析のために、解析処理数を向上させた「高スループット自動撮像装置」を新たに開発しました。これまでの手技による解析スループットは1日あたり3~5検体でしたが、今回試作した自動撮像装置の導入により100検体以上の解析が可能となります。

この試作装置を使用して臨床検体解析を加速するために、7月2日に日立の研究開発グループ基礎研究センタ内に「HIROTSUバイオ・日立共同実験室」を開設し、両社同床による研究を開始します。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年7月4日
2018年7月5日
2018年7月11日
2018年7月12日
  • ページの先頭へ