ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2018年6月26日

タイトル

工作機械の内蔵モーターをセンサーとして活用した消耗品の劣化検知技術を開発

リリース文抜粋


劣化検知技術を用いた工作機械の構成例

日立は、工作機械の内蔵モーターをセンサーとして活用した、消耗品の劣化検知技術を開発しました。モーターの駆動電流に基づいて、モーターの回転数やトルク電流などを把握し、工作機械で利用される消耗品の劣化を検知することが可能となります。

モーターに既設の電流センサーを用いる場合、ソフトウェアの追加で消耗品の劣化を推定することができるため、センサーの導入コストを抑えつつ、工作機械の保守コストやダウンタイムコストの削減に貢献します。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年6月26日
2018年6月27日
2018年6月29日
  • ページの先頭へ