ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2018年5月31日

タイトル

学習済みの複数の動作を自律的に組み合わせてロボット全身の制御を行う深層学習技術を開発

リリース文抜粋

従来は動作習得に数ヶ月かかっていたものが数日で可能となることを示す図

日立は、深層学習を用いたロボット制御技術の新しいアプローチとして、状況に応じ、学習済みの複数の動作を自律的に組み合わせてロボット全身の制御を行う深層学習(ディープラーニング)技術を開発しました。
本技術では、人がロボットを操作した際の動作を教示データとして学習させ、動作データベースに蓄積した学習済み動作の中から必要な動作を組み合わせることができます。これにより、動作習得に必要な期間が大幅に短縮するとともに動作バリエーションが飛躍的に増大します。

今回開発した基盤技術は、人の生活支援を行うロボットや組み立て作業を行うロボットなど、幅広い応用が可能です。今後、信頼性向上や機能向上などの開発を進め、実用化を推進していきます。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年5月31日
2018年6月1日
2018年6月5日
  • ページの先頭へ