ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2018年5月10日

タイトル

燃料の種別や混合状態に応じた燃焼制御方法を自己学習する発電用エンジン向けAI技術を開発

リリース文抜粋


燃料混合量の変動下でのAIの学習イメージ

日立はこのたび、発電用エンジンのシリンダー内の圧力に関するデータを利用し、燃料の状態に即した点火タイミングや空気量などの指令値の調整方法の学習と、学習用の筒内圧などのデータ収集を自ら繰り返す自己学習により、燃料の種別や混合状態に応じたエンジン制御を行うAI技術を開発しました。

本技術を活用することで、発電用エンジンの燃料としてバイオ燃料や水素などを組み合わせた効率的な発電が可能となります。
今回、本技術を搭載したエンジンシステムを試作し、トルエンやエタノール、メタン、水素を燃料として混合燃焼させたところ、安定的な燃焼の基準とされる燃焼変動率3%以下での制御が可能なことを確認しました。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年5月11日
  • ページの先頭へ