ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、米国のユタ大学と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2018年3月12日 株式会社日立製作所、The University of Utah

タイトル

患者と医師の共有意思決定をサポートする「糖尿病治療の処方薬選択支援システム」を開発

リリース文抜粋


処方選択支援ダッシュボード

日立は、米国のユタ大学と共同で「糖尿病治療の処方薬選択支援システム」を開発しました。本システムは、機械学習を活用した解析を用いて、処方薬の種類別に、糖尿病の代表的な指標であるHbA1c値の低減目標を達成できる確率を予測し、患者別の特性も考慮した内容で、それぞれの効能・効果、副作用などのリスク、価格等の項目を、連携する電子カルテの画面上で比較表示します。

本システムにより、患者は、詳細なデータを画面で見ながら、医師との話し合いにより治療方針を決める共有意思決定を行うことができるため、長期にわたる治療を納得して続けられるようになることが期待されます。今後、日立とユタ大学は、本システムを用いた臨床試験をめざし、共同研究を進めていきます。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年3月12日
2018年3月13日
2018年3月15日
  • ページの先頭へ