ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所と東北大学は、以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2018年2月16日

タイトル

燃えにくい新規電解質を用いた高安全なリチウムイオン二次電池の試作に成功

リリース文抜粋

開発したリチウムイオン二次電池と従来技術との比較

日立と東北大学多元物質科学研究所(IMRAM)の本間 格教授らの研究グループは、従来の有機電解液よりも引火点が高く、燃えにくい新規電解質を用いた高安全なリチウムイオン二次電池(LIB)の試作に成功しました。

容量100Whのラミネート型電池を用いて充電や放電などの電池特性を確認し、さらに、従来の有機電解液LIBでは発火に至る釘刺し試験において、試作したLIBの不燃性を実証しました。本技術により、安全性を確保しつつ、車載や民生用途向けなどのLIBの高容量化、高エネルギー密度化が可能となります。

今後、日立と東北大学は、開発したLIBの実用化に向けて、更なる高エネルギー密度化、充放電時間の短縮化など電池の性能向上をめざします。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2018年2月16日
2018年2月17日
2018年2月19日
2018年2月20日
2018年2月21日
2018年2月22日
2018年2月26日
2018年2月27日
2018年3月1日
2018年3月22日
  • ページの先頭へ