ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所研究開発グループは、理化学研究所と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2017年12月6日 株式会社日立製作所、国立研究開発法人理化学研究所

タイトル

日立と理研が、原子分解能・ホログラフィー電子顕微鏡を用いて世界最高分解能0.67nmでの磁場観察に成功

リリース文抜粋

本技術で観察に成功した材料内の磁場分布、観察に使用した日立の原子分解能・ホログラフィー電子顕微鏡

日立と理研は、日立の原子分解能・ホログラフィー電子顕微鏡を用いた観察精度向上技術を開発し、材料内部の磁場分布を0.67nmの世界最高分解能で観察することに成功しました。本技術により、磁石、電磁鋼板、磁性薄膜などの高機能材料の特性に大きく関わる、物質間の境界で生じる磁場の方向、強さを数原子レベルで観察可能となります。

今後、日立と理研は、こうした原子レベルでの極微小領域で起きている磁気現象の解明を通して、高性能磁石や高温超伝導材料などの高機能材料の開発と、基礎科学の発展への貢献をめざします。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2017年12月7日
2017年12月8日
  • ページの先頭へ