ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所は、北海道大学と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2017年5月25日 株式会社日立製作所、国立大学法人 北海道大学

タイトル

日立と北大が動体追跡粒子線がん治療装置で全国発明表彰「恩賜発明賞」を受賞

リリース文抜粋

日立と北海道大学(北大)は、このたび、動体追跡粒子線がん治療装置(特許第05896211号)に関する発明で、平成29年度全国発明表彰で最も優れた発明に贈られる「恩賜発明賞」を受賞しました。

従来、頭部の腫瘍のように移動しない部位では、腫瘍に集中して粒子線を照射するピンポイントの治療が可能でしたが、肺や肝臓のような体幹部の腫瘍は呼吸などで移動するため、腫瘍位置をリアルタイムで捉えて正確に粒子線を照射する技術が求められていました。

こうした背景のもと、日立と北大は内閣府/日本学術振興会・最先端研究開発支援プログラムの支援を受け、日立が持つスポットスキャニング照射技術と、北大が持つ動体追跡照射技術の両方を世界で初めて搭載したシステムを共同開発しました。両者の持つ技術を融合した本発明を活用することで、移動する腫瘍に対するより正確な照射と、その照射をより短時間に行い患者への負担を軽減することを両立させることが可能となりました。

  • ページの先頭へ