ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは、以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2017年5月24日

タイトル

簡便・無痛・高精度な乳がん検診を実現する超音波計測技術を開発

リリース文抜粋


乳がん検診装置の模型と試作機の構造

日立は、簡便・無痛・高精度な乳がん検診を実現する超音波計測技術を開発しました。

本技術では、360度の方向から超音波を照射し、音波の反射を360度の方向から取得するリング状の超音波デバイスを用いて自動スキャンを行うため、検査者の熟練度に依存しない検査が可能です。受診者はうつぶせになり、水を満たした検査容器に乳房を入れるのみでよいため、痛みを伴わず、安全に検査できます。また、取得した音波の速度などを元に、腫瘍のさまざまな特性(硬さ、粘性、表面の粗さ)を計測可能なことに加え、乳腺内の微小石灰化も可視化できるため、検診の精度向上に貢献します。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2017年5月24日
2017年5月25日
2017年5月26日
2017年5月28日
2017年6月12日
  • ページの先頭へ