ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは、NTT、OKI、慶應大、KDDI総合研究所、古河電工と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2017年4月25日 日本電信電話株式会社、株式会社日立製作所、沖電気工業株式会社、慶應義塾大学、株式会社KDDI総合研究所、古河電気工業株式会社

タイトル

将来光アクセス基礎技術「エラスティック光アグリゲーションネットワーク」の実証実験に成功

リリース文抜粋

NTT、日立、OKI、慶應大、KDDI総合研究所、古河電工の6機関は、2030年以降を見据えた先進的な研究として、「エラスティック光アグリゲーションネットワーク(EλAN:エラン)技術」の研究課題に取り組みました。

EλANとは、光周波数の利用効率を向上する適応変復調OFDM伝送方式を用いながら、アクセス(加入者−局舎間)・メトロ(局舎間)ネットワークを波長選択スイッチを介して光信号のまま伝送するネットワークであり、インターネット・ビジネス向け回線・モバイルなど複数のサービスで利用される異なる性質のトラフィックに対し、伸縮自在(エラスティック)な通信速度・光周波数帯域の割り当てを行うことができます。

本技術は、2030年以降に訪れるサービスの多様化に適応できるアクセス・メトロネットワークの基礎技術として期待されています。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2017年4月25日
2017年4月26日
2017年5月4日
  • ページの先頭へ