ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

日立製作所 研究開発グループは、金沢大学と共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2017年3月16日 国立大学法人金沢大学、株式会社日立製作所

タイトル

電磁ノイズの発生源を特定し、自動運転機器の誤作動を予防する小型センサーを開発

リリース文抜粋

開発したセンサーの利用シーンと構造

金沢大学と株式会社日立製作所は、自動運転機器の誤作動の原因となる電磁ノイズの発生源を特定可能な小型センサーを開発しました。センサーの小型化により、自動車や鉄道車両などへの複数のセンサーの設置が可能となります。さらに、複数のアンテナを組み合わせた構造にすることで、経年劣化が進んだ機器から発生する低周波数帯域の電磁ノイズの方向を高精度に検知し、その発生源を正確に特定することが可能となりました。

本センサーにより電磁ノイズを常時監視し、走行制御に関わるセンサーデータの欠落を予防することで、自動運転機器や交通システムなどの誤作動リスクを回避します。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2017年3月16日
2017年3月17日
2017年3月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ページの先頭へ