ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

このエントリーをはてなブックマークに追加

日立製作所 研究開発グループは、ドイツ人工知能研究センターと共同で以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日、発行元

2017年3月8日 ドイツ人工知能研究センター、株式会社日立製作所

タイトル

ドイツ人工知能研究センターと日立が共同で、ウェアラブルデバイス着用者の作業内容を認識するAIを開発

リリース文抜粋


AIによる作業内容の認識の流れ

ドイツ人工知能研究センター(DFKI)と株式会社日立製作所は、ウェアラブルデバイス着用者の作業内容を認識する人工知能を開発しました。本AIは、眼鏡型のデバイスであるアイトラッキンググラスを活用して、注視している物体を認識する技術と、アームバンド型デバイスを活用して、作業者の動作を認識する技術を組み合わせ、作業者の行動をリアルタイムに認識します。

生産現場で使用される道具・部品や想定される動作をDeep LearningでAIに学習させることで、データから作業内容を認識することを実現しました。今後、DFKIと日立は、今回開発したAIを作業支援やヒューマンエラー防止に活用し、生産現場の品質向上や効率化に貢献していきます。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2017年3月8日
2017年3月9日
2017年3月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ページの先頭へ