ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2016年3月9日

タイトル

パーソナルデータを暗号化した状態で安全に匿名化する技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、パーソナルデータ(個人に関する情報)を暗号化した状態で安全に匿名化(個人を特定できないように変換)する技術を開発しました。本技術によって、より安全にパーソナルデータの匿名化を行うことが可能になり、2015年9月の個人情報保護法の改正案の成立を受けて今後拡大が見込まれる、匿名化したパーソナルデータ(匿名加工情報)の利活用のニーズに対応していきます。

ビッグデータの分析においては、計算処理能力をフレキシブルに利用できるクラウドの活用が広がっていますが、パーソナルデータのように機微なデータの取り扱いにおいては、より高い安全性が求められることから、クラウド上のデータを暗号化し、第三者が内容を解読できないようにした上で、暗号化した状態のまま検索や分析を行う技術の実用化が進んでいます。一方、個人が特定できないようにパーソナルデータを匿名化する技術としては、k-匿名化技術が注目されていますが、従来の技術では、暗号化したデータをそのまま匿名化することができず、一度暗号化を解除(復号)する必要があり、セキュリティ上の課題となっていました。

そこで、日立は、今後ニーズの高まるパーソナルデータの匿名化におけるセキュリティの向上を目的に、パーソナルデータを暗号化し、クラウド上では暗号化状態を維持しながらk-匿名化を実現する技術を開発しました。


今回開発した技術の概要イメージ図

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

2016年3月9日
2016年3月10日
2016年3月10日
2016年3月11日
2016年3月14日
2016年3月15日
  • ページの先頭へ