ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2012年4月16日

タイトル

最大2,000台のスマートメータの一元管理が可能な自動検針システムの無線ネットワーク基本技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、950 MHz特定小電力無線帯域を使用し、約2,000台までのスマートメータの検針データを1台の集約装置で一元的に管理可能な、無線ネットワークの基本技術を開発しました。本技術は、国際標準通信規格RPL*1に準拠しており、中国やシンガポールなどといった、高密度化が進展した大都市において、1,000世帯を超える超高層集合住宅を対象とした大規模自動検針システム構築に貢献するものです。

自動検針システム構成図

*1
RPL : IPv6 Routing Protocol for Low power and Lossy Networks、小電力無線通信向けの通信経路構築に関する国際標準

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • 日刊工業新聞 (2012年4月16日 1面)
  • RBB TODAY (2012年4月16日)
  • 日経BP ECO JAPAN (2012年4月17日)
  • マイナビニュース (2012年4月18日)
  • 日本情報産業新聞 (2012年4月23日 1面)
  • ページの先頭へ