ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

日立製作所 研究開発グループは以下のニュースリリースを発行しました。

ニュースリリース概要

発行日

2012年3月12日

タイトル

クラウド上での情報漏えい防止に貢献する検索可能暗号技術を開発

リリース文抜粋

株式会社日立製作所は、このたび、クラウド上にある暗号化したデータベースを、復号化することなく暗号化したまま、データの検索・照合ができる検索可能暗号技術*1を開発しました。従来、クラウド上の暗号化したデータベースを検索・照合する場合には、いったんデータベースを復号化しなければならず、その際に情報漏えいのリスクがありました。本技術は、クラウド上で検索・照合する際にデータベースの復号化の必要がなくなるため、情報漏えいのリスクが低減し、パブリッククラウド上での機密性の高いデータベースの利活用の拡大に大きな貢献が期待されます。

検索可能暗号技術のゲノムデータ解析への応用

*1
検索可能暗号技術 : 標準的な暗号機能である「暗号化」と「復号化」に加え、暗号化したまま、2つの暗号文が暗号化前は同じデータ値であったかを確認可能な「検索」機能を有します。この検索機能は、本人以外の第三者でも実行可能です。
*2
本技術は、総務省委託研究の平成22年度「大規模仮想化サーバ環境における情報セキュリティ対策技術の研究開発」における研究成果です。

掲載先

このニュースは、以下の新聞、Webサイトなどに掲載されました。

  • ページの先頭へ