ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

[写真]手話アニメーションソフト Mimehand II

日本語の文章を入力することで、3次元CGによる表情豊かな手話アニメーションが簡単に作成できます。乗り換え案内や緊急速報などの情報伝達、手話を学習する方の教材など、幅広い用途にご活用いただけます。

手話アニメーションの編集・再生

[イメージ] Memihand IIの操作画面

オペレーターが手話単語列を文字入力すると、手話単語基本辞書からデータを読み込み、滑らかなアニメーションを自動生成します。また、身振りや表情などの細かい動きを調整したり、単語を並べ替えたりといった、さまざまな編集も可能です。

辞書の編集が可能

標準の辞書ではカバーできない、方言や専門用語などを辞書に登録することができます。

動画データへの変換をサポート

作成されたアニメーションデータは、動画データ(AVI形式、VRML形式)に変換可能です。この機能を利用すると、Webページなどのコンテンツに手話アニメーションを追加でき、活用範囲が広がります。

詳細、お問い合わせ

手話アニメーションソフト「MimehandII」 は、2011年9月30日をもって販売を終了いたしました。

2012年7月20日掲載
記載内容 (製品価格、製品仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等) は、掲載日現在の情報です。予告なしに変更される可能性もありますので、あらかじめご了承ください。