ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

情報KIOSK端末 DU型、H型

ユニバーサルデザイン

[写真]情報KIOSK端末 H型

情報KIOSK端末は、公共・公益施設における電子案内板や施設予約端末、店舗のポイントカードの管理、欲しい情報を入手することができる多機能情報端末などに使われており、パソコンにあまり触れたことがない方でも簡単に操作できるように、タッチパネルディスプレイを使用しています。

弊社KIOSK端末は利用する場所や人に合わせてお選びいただけるように、ハード・ソフトの両面でユニバーサルデザインを採用し豊富なラインナップを取りそろえております。
そのほか、本端末専用のブラウザやアプリケーション、ICカードリーダー、カメラ・ハンドセットなどのオプションも各種ご用意しておりますので、さまざまな用途と利用環境に柔軟に対応することができます。

ハードウェア

[写真]DU型端末を車椅子で利用している様子

独特なユニバーサルデザイン(意匠登録済)の採用により、自然でシームレスな利用環境を実現。
端末下部に取り付けられたハンドルバーは、車椅子での利用者に配慮し、テーブルトップにはちょっとした物を置くこともできます。

[写真]H型端末を車椅子で利用している様子

弊社KIOSK端末のラインアップに、新たに「H型」が加わりました!
「H型」では、操作用のタッチパネルを17型に大型化し、かつ端末上部に情報提供モニタが実装でき、POP表示や映像による情報提供も可能です。
ユニバーサルデザインにも対応しており、健常者はもちろん車椅子での利用も可能です。 各種機能の増強とデザイン性の向上により、より汎用性の高い端末となった「H型」をぜひご利用ください!

オリジナルブラウザ

[イメージ]オリジナルブラウザの画面

  • 専用ボタンを使ってホームページを簡単に検索。パソコンに不慣れな方でも気軽に利用できます。
  • 指定ページ以外にアクセスできないようにプロテクトをかけることができるので、関連のないページへのアクセスを防ぐことができます。
  • ソフトウェアキーボードを使って文字入力をすることが可能です。アドレスなどを入力する際に便利です。
  • 色弱者の方にも使いやすいように、画面色を変更できる視覚効果機能を備えています。

詳細、お問い合わせ

2007年7月20日掲載
記載内容 (製品価格、製品仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等) は、掲載日現在の情報です。予告なしに変更される可能性もありますので、あらかじめご了承ください。