ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

[写真] メニュー画面

高齢者をはじめ、機器操作に慣れていないユーザーにも配慮した予約・購入・チェックインの自動機器です。
操作方法をわかりやすく示すことで、はじめて機器操作をする人でも安心して操作ができることを目指しました。

筐体操作がひとめで理解できる表現

[図]本体のイラストの上に各種カード挿入口やボタンの操作方法が表示される例

媒体ごとの動作をアニメーション表示をさせることで、ユーザーがどのような操作をしたらよいかを直感的に理解できるようにしました。

見やすい大きな文字とボタン

[図] ボタン部分の拡大図

大きなボタンと文字を使用することで多くのユーザーが確認しやすい見やすい画面にしました。 また、画面上に表示させる文字やボタンの要素数を抑えて表示させることで、簡潔な画面にすることが可能となり、その結果、何を行う画面であるのか、ユーザーへ簡単に確実に伝わるようにしました。

分かりやすいボタン押下表現

[図]文字入力ボタン部分の拡大図

ボタンを押下したことを確実に伝えるため、ボタンを押下したときに、ボタンを反転させ拡大表示させています。これにより、ボタンを押下させた状態と、端末が反応していることをユーザーへ確実に伝えることを可能にしました。 尚、弱視の方でもボタンを押下した状態を確認できるように、通常時は勿論、押下状態でも高いコントラストの色を使用しています。

見やすくて綺麗な表現

[図]画面表示例。左半分に地図表示。右に文字によるチケットの詳細。

移動区間の文字情報を地図上のグラフィックでも表示させることにより、直感的に飛行機での移動距離を把握することができるようにしました。 このように分かりやすい表現をしながらも、綺麗なグラフィック表現を行うことにより、操作を行うユーザーがワクワクしながら端末の操作を行えるようにしました。

詳細、お問い合わせ

株式会社 日立製作所
産業・流通システム営業統括本部
Tel : 03-5471-2147(代表)

2008年2月5日掲載
記載内容 (製品価格、製品仕様、サービスの内容、お問い合わせ先、URL等) は、掲載日現在の情報です。予告なしに変更される可能性もありますので、あらかじめご了承ください。