ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

啓発活動

ユニバーサルデザイン

社内でのワークショップや研修をはじめ、人間中心設計などのデータベース公開やWebサイトによるお客様の情報発信などを実施しています。

[写真]社内での研修の様子

[写真]白内障ゴーグルをつけてPC画面を見る疑似体験の様子

[イメージ]日立のユニバーサルデザインWebサイト

擬似体験

[写真] デザイナーや開発者が擬似体験する様子

アイマスクや白杖、車いす、高齢者シミュレーションキットなどを使って、デザイナーや開発者が擬似体験を行います。
あくまで擬似体験でしかありませんが、ユーザーの不便さに体験を通して触れることで、ユーザーとともに考える下地を作ります。

ユーザーとのワークショップ

[イメージ] 全盲のユーザーとのワークショップの様子

写真の例は、開発者が全盲のユーザーと掃除機の使い勝手について検討するワークショップです。このように一緒に問題に取り組み、開発者の想像とユーザーの実際の意見の違いを知ることにより、よりユーザーに近い立場での発想や解決の方向性を学んでいきます。