ページの本文へ

Hitachi

企業情報研究開発

インターネットは、家にいながらにして情報を好きなときに入手でき、またコミュニケーションをはかることができるという、とても便利な手段です。移動が難しい身体的な制約のある方にとっては、なおさら利用価値の高い貴重な手段と言えるでしょう。
また、日本では急速に高齢化が進み、インターネットユーザーも高齢者がますます増えていくでしょう。
情報やコミュニケーションは人が生きていく上で欠かせないものです。
日立では、Webサイトにおいてもさまざまな状況にあるユーザー一人ひとりの多様なニーズに応えていくことが大切だと考え、Webのアクセシビリティ(アクセスのしやすさ)の向上に取り組んでいます。

現在の「日立グループのWebアクセシビリティ対応方針」は、次のリンク先を参照してください。