ページの本文へ

Hitachi

Society 5.0 実現に向けた日立の取り組み

あらゆる人が活き活きと快適に暮らせる持続可能な社会 Society 5.0 実現に向けた日立の取り組み

【お知らせ】
   関連情報に、株式会社 日立コンサルティングのコラム「Society 5.0で実現する社会」第4回を追加しました。
   関連情報に、メディア掲載:『月刊経団連』2017年10月号を追加しました。
   関連情報に、「一般社団法人 データ流通推進協議会」を追加しました。

Society 5.0とは

Society 5.0とは、日本政府が掲げる新たな社会像であり、その実現に向けた取組みです。
AIやIoT、ロボットなどの革新的な科学技術を用いて、社会の様々なデータを活用することで、経済の発展と社会課題の解決の両立をめざします。これにより、あらゆる人が活き活きと快適に暮らせる社会を実現します。
この社会の実現は、国連が定める「持続可能な開発目標(SDGs)新規ウィンドウで開く」の達成にもつながります。
日本からSociety 5.0という社会像を発信することで、世界の社会課題の解決をリードしていきます。

Society 5.0は、1.狩猟社会、2.農耕社会、3.工業社会、4.情報社会、に続く5番目の社会として位置づけられています。