ページの本文へ

Hitachi

メニュー

位置情報コンサルティング&サービス

日立は様々な測位技術の中から、お客様のご要望に最適なものを提案いたします。

屋外測位

屋外測位は、4機以上の衛星からの信号を元に、受信機の位置を特定する方法が一般的です。日立では、GPSや準天頂衛星などを活用した屋外測位に取組んでいます。

衛星測位システム

衛星測位システム概念図

現在、世界中で衛星が打ち上げられており、米国のGPS、ロシアのGLONASS、欧州のGalileo、中国のBeiDou等があります。その中でも、米国のGPSを用いた屋外測位が最も広く普及しています。

1つの受信機を用いた単独測位の場合、測位精度は数十mになります。複数の受信機を活用した相対測位の場合は、測位精度は数cm〜数mになります。

準天頂衛星(日本版GPS)

準天頂衛星(日本版GPS)概念図

近年、日本でも日本版GPSと呼ばれる準天頂衛星が打ち上げられています。

準天頂衛星には、GPS補完機能とGPS補強機能があります。衛星測位の精度は、衛星の配置によって変わります。準天頂衛星は、常に日本の天頂に位置するため、GPSだけで測位した場合よりも高い精度を得ることができます。これが準天頂衛星のGPS補完機能であり、測位誤差は1m以下になると言われています。

さらに、準天頂衛星から配信されるL6信号には、GPS測位の誤差を補正する情報が含まれており、これを用いることで、測位誤差は数cmになると言われています。これが準天頂衛星のGPS補強機能です。

日立は、準天頂衛星のカバーエリアである東アジア・オセアニア地域において、準天頂衛星の高精度測位に積極的に取組んでいます。



屋内測位

屋内測位には、Wi-FiやBLE、PDR、カメラを利用するものなど、多様な技術があります。
それらの技術には強みと弱みがあるため、測位環境や必要な測位精度に応じて、最適な技術を選定しなければいけません。日立が持つ豊富な経験により、お客様にとって最適な測位技術を提案いたします。



 ■IMES(Indoor MEssaging System)

IMES送受信機_機器イメージ

  • GPS信号と互換性のある信号に緯度、経度、高さ、フロア数の情報を乗せて送信する屋内GPS送信機(IMES送信機)と IMES方式に対応したGPS受信機を用いることで、屋内外をシームレスに測位できます。
  • ソフトバンク製のマルチGNSS端末により、屋外では準天頂衛星の補強信号を活用した高精度衛星測位を、屋内ではIMES送信機による屋内測位を実現し、キャリア回線により測位したデータをサーバなどに送信可能です。

 ■BLEビーコン

クリーンビーコン_機器イメージ(開発中)

  • Bluetooth Low Energy規格に準拠したビーコン発信器を利用環境に設置し、スマートフォンなどによりBLEビーコン発信器からの信号を受信する、或いは利用環境に中継装置を設置し、人やモノなどにBLEビーコン発信器を取り付けることで位置を検知します。日立は電池不要のメンテナンスフリーな環境光発電によるクリーンビーコンを開発中です。

 ■赤外線ビーコン

名札型ウェアラブルセンサー_赤外線ビーコン_機器イメージ

  • 赤外線ビーコンが発信する赤外線を名札型ウェアラブルセンサーが検知することで、名札型ウェアラブルセンサーを装着した人の所在地を測定することができます。

  ※ 本測位技術は、日立の組織活性化支援サービスの中で提供しております。
    名札型ウェアラブルセンサー、赤外線ビーコン単独での販売はしておりません。

 ■Zigbee

  • 低消費電力のZigbeeルータを利用環境に設置し、人やモノなどに取り付けたZigbeeタグからの信号を受信したZigbeeルータの位置から対象の位置を特定します。

 ■RFID/ICカード

  • 利用環境に位置をあらわすRFIDやICカードを設置し、モノなどにRFIDやICカードを取り付け、リーダー(読み取り機)で双方を読み取りマッチングすることで、モノなどの位置を特定します。

 ■Wi-Fi

  • 複数のWi-Fi基地局からの電波の強度や到達時間差などにより、位置を特定します。

 ■レーザー

  • 周囲にレーザ光を照射し、光が当たった対象物までの 距離を測ることができるセンサです。
    連続計測することで、人などの移動も計測できます。また、暗闇でも検知が可能です。

 ■ステレオカメラ

ステレオカメラ_機器イメージ

  • 2台のカメラの視差により、人や物の動きを捕らえることができます。また、そのデータを利用することで密度、流れ、振る舞いなどを抽出することも可能です。

 ■PDR(Pedestrian Dead Reckoning)

  • 加速度、ジャイロ、地磁気などのセンサーを使い、人の移動の方向と距離を推定し、測位を行います。ただし、発生する累積誤差を他の測位方式を用いて、リセットする必要があります。

 ■TOF(Time-of-Flight)

TOF_機器イメージ

  • 赤外線を対象物に照射し、その反射の時間差により、人や物の動きや姿勢などを三次元で測定します。カメラではないため、測定対象者のプライバシーに配慮できます。