ページの本文へ

Hitachi

日立の健康経営ソリューション

健康経営ソリューション

日立の健康経営ソリューションは、従業員の「意識の変化」や「行動の変化」といった
経営に役立つ成果を得るために設計し、実証実験において効果を検証されたソリューションです。

トピックス

2018年7月11日~13日
HR EXPOに健康経営ソリューションを出展

日立が考える健康経営

図:生活リズムで従業員が「答えのない世界に挑戦する力」「自分」なりの答えを見つける力を身につける!

生活リズムプログラムとは

日立がご提案する「生活リズムプログラム」は、従業員のみなさん同士で活力を与え合いながら、取り組んでいるうちに意識がかわり、自然と健康的な生活リズムを身につけていくプログラムです。アクティブレストルームをはじめとする4つのサービスで構成されており、各サービスは日立グループで継続的に実証を重ね、効果を確かめています。

図:1.アクティブレストルーム 2.基本プログラム 3.生活リズム確認アプリ 4.チームSNS

1. アクティブレストルーム ー ARR: Active Rest Room

軽い運動ができる部屋を職場に設置します。
ストレッチ、ミニゲームを通じて心身をリフレッシュします。
全身の血行が良くなって、長い午後の就業時間で疲れがたまりにくくなります。

図:アクティブレストルーム みんなで活力を与え合いながらリズムを身につけます

2. 基本プログラム

快眠プログラム、からだリメイクプログラムをご提供します。
コーチングを受けながら、自分オリジナルの目標管理をするコアプログラムです。

3. 生活リズム確認アプリ

リストバンド型活動量計とスマホアプリで自分の生活リズムを見える化します。
よくある運動記録ツールとは違って、歩行、運動、睡眠のサイクルを確認しやすいように作られています。

4. チームSNS

生活リズムに取り組むチームを作り、チームメンバーと情報をシェアするSNSです。
仲間と支えあい、刺激しあいながら工夫を重ねていく習慣をつくります。

日立グループでの実証実績

日立グループでのプログラム参加者から効果を実感しているという声が届いています。
基本プログラムで「快眠プログラム」に取り込んだ参加者の声をご紹介します。

図:生活リズムプログラム参加者たちの声

*
上記の「参加者たちの声」は、プログラム参加者から終了時にいただいたものですが、あくまで個人の感想であり、効果を保証するものではありません。

また、「快眠プログラム」参加者のアンケート結果から、どの観点においても、
約半数の従業員がよい習慣を身につけたことを確認できています。

アンケート結果 考えられる効果の要因
  • 以前より眠れるようになった:56%
  • 週末にストレッチや散歩をするようになった:56%
  • オン/オフの切替が意識できるようになった:48%
  • 快眠プログラム
  • アクティブレストルームの施策
  • 普段話せていない人と話すことができた:48%
  • 連絡・報告・相談以外のコミュニケーションが増えた:48%
  • 組織を跨がったチーム編成
  • SNSを利用したコミュニティ
  • アクティブレストルームの施策
  • 何らかの変化を感じた:86%
  • 何らかのコミュニケーションが増えた:57%
  • プログラム全体

資料請求・お問い合わせ

本ソリューションのリーフレットはこちらからダウンロードいただけます。

より詳細な資料やご質問等のご希望がございましたら、以下リンクから必要事項をご入力の上、お問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。