ページの本文へ

PCS安定稼動のサポート - PCSが故障すると発電設備が停止し事業に与える影響は大となります。『期間保守契約』に加入することで、安定した発電事業をお約束します。『期間保守契約』のメリット、デメリット

定期点検サービス

  • PCSを20年間ご使用頂くためには、5,10,15年目の点検が必要となります。
    点検時はPCSが停止となるため、発電影響最小案の点検計画を提案します。
  • PCSは、メンテナンスフリーの製品ではありません。
    有寿命の部品を使用していますので、10年目の部品交換が必須となります。

その1 ・・・ PCSの保守を夜間に計画し発電事業への影響を抑えます。

PCS保守の夜間/昼間作業の影響差イメージ

その2 ・・・ 定期有寿命部品交換により、部品破損による被害を抑えます。

電解コンデンサの破損イメージ

障害復旧サービス

  • 万一PCSに障害が発生した場合、障害復旧に必要な部品を供給し早期復旧に努めます。
  • 毎年一定の金額をお支払い頂くことで、障害時の復旧費用を含めて20年間の費用が確定できます。

障害復旧サービスのメリット/デメリットのイメージ

障害復旧サービス利用時のイメージ

保証期間終了後の障害対応は、保守契約未加入の場合有償となります。