ページの本文へ

PVモジュールは、知らず知らずの間に故障しています。
日立はクラウドで故障を高精度に診断しお知らせします。

PVモジュール故障イメージ

サービス内容

PVモジュール故障診断サービスをクラウドで提供します。
モジュール出力電流、電圧、日射、気温などの情報をデータセンタに送信していただくことで、弊社で故障診断をします。

サービス利用イメージ

一般的手法

ストリングの電流を比較することで故障を判定

一般的手法イメージ

日立の手法

半導体デバイス物理に基づいた故障診断モデルを開発
理論値との比較をすることで、高精度診断を可能にした

日立の手法のイメージ

*
この技術は大分ソーラーパワー(82MW)に採用いただきました

代表的なPVモジュール故障モード

故障モード一覧

故障診断事例(ガラス割れ(1枚)を検出)

故障診断モデル適用後の理想電力と比較することで、明確に故障を判定可能

故障診断グラフイメージ

その他 応用技術

この技術の応用としてストリングモニター無しでも故障診断が可能です。

ストリングモニター無しでの故障診断イメージ

*
故障診断能力は回路構成や故障モードにより異なります。上記は代表的な値です。