ページの本文へ

太陽光発電システムの概要

太陽光発電システム構成図

1.太陽電池モジュール

太陽光エネルギーを電気エネルギー(直流)に変換するパネル

2.太陽電池架台

太陽電池モジュールに最適な傾斜角をつけて固定する台

3.接続箱

太陽電池モジュールの各ブロックからの配線をまとめて、パワーコンディショナに接続する機器

4.パワーコンディショナ

直流電力を交流電力に変換するとともに、系統連系するための保護機能を有する機器

*
PCS:Power Conditioning Systems

5.昇圧変圧器

パワーコンディショナの出力電圧を電力会社の配電線網の電圧に昇圧させる機器

6.スイッチギア

昇圧された交流電力と電力会社の配電線網との接続の開閉と保護機能を有する機器

7.電力量計

電力会社との売電量/買電量を測定する機器

系統連係システムとは

太陽電池から得られた直流電力を、パワーコンディショナと昇圧変圧器によって、高電圧の交流電力に変換し、電力会社の配電線網(*1)に接続するシステムです。

*1
発電容量が大きい場合は、特別高圧系統へ連系します。

系統連係システム構成図

太陽光発電システムパッケージ「メガキット」

太陽光発電システムの主要機器を選定し、一式として商品化。
エンジニアリング・調達・建設計画を円滑化します。