ページの本文へ

Hitachi

日立ワークスタイル変革ソリューション

デジタル活用の「働き方改革」で個人と組織のスパイラルアップに挑む

いま多くの企業が働き方改革に取り組み、長時間労働の是正をめざしています。しかしそれは「改革」の第一歩にすぎません。本当の意味でのゴールは、捻出された時間を社員一人ひとりの生きがいや価値創造の実現に充て、組織全体の生産性向上をめざしていくことにあります。日立はこうした考えのもと、ピープルアナリティクス*1による問題点の可視化と改善を図りながら、社員がイキイキと働ける環境整備に取り組み、そのノウハウや成果をお客さまにソリューションとして提供しています。

*1
企業に蓄積されたさまざまなデータを分析し、戦略的な人事・経営の意思決定や業務効率化などに生かす取り組み

主な内容

■働き方改革の本質は「一人ひとりが生み出す付加価値を上げる」こと
■個人の意識を可視化するサーベイ
■データから得られた“新しい気づき”を実践
■2回目のサーベイで施策効果を実証
■自社で得た知見をお客さまにも提供


続きを読む

*
ページの閲覧には個人情報の入力が必要です。「個人情報保護に関して (新規ウィンドウを開く)」をお読みいただき、同意いただける場合は「続きを読む」をクリックしてお進みください。