ページの本文へ

Hitachi

日立ワークスタイル変革ソリューション

ホワイトカラーの生産性を高めませんか?

近年、経営課題として常に上位に位置づけられる「人財強化」は、国内企業の最も重要なテーマの一つであり、人事施策が経営に与えるインパクトは、年々高まっています。この課題を解決するために、HR(Human Resources)テクノロジーがここ数年、注目されています。



日立人財データ分析ソリューションは、経営層・人事部門の皆さまをご支援します

HR(Human Resources)テクノロジーを活用した日立社内での取り組み*1 を通じて得たノウハウを生かして、各々のバリューチェーンに沿ったソリューションを提案します。

*1
日立社内で、2017年度の一部組織の新卒採用や、社員約7,700名を対象とした生産性向上に活用する取り組みを実施しています(2018年10月時点)

日立人財データ分析ソリューション

成果物は、お客さまのお持ちのデータ量、課題によって異なります。また、ソリューションの提供にあたっては、お客さまとともに、社員の個人情報保護、プライバシーに対する配慮のための適切な対策を検討し、講じます。
筑波大学の学術指導のもと、生産性や配置配属に特化した、社員へのサーベイを日立が開発。経済産業省などが後援する 2018年 HRテクノロジー大賞 を受賞しています。
日立人財データ分析ソリューションの概要
名称 概要 価格 提供開始時期
日立人財データ分析ソリューション [採用]
  • 適性テストなどの結果から人財ポートフォリオを作成。
[生産性、配置配属]
  • サーベイ結果により社員の生産性に対する意識を見える化。個人に対するフィードバック報告書を提供。
  • 意識を見える化したデータと行動データをAIなどで分析し、生産性に寄与する要因を抽出。
個別見積り 2018年10月31日

日立の取り組み

日立が挑む、未来をひらく幸せな働き方(日経ビジネス3月29日発売号(4月1日号)掲載)
ワークスタイル変革の本当の目的を考えたとき、労働時間の削減はゴールといえるだろうか。「真のゴールは、捻出した時間で新たな価値創出を実現することにある」--。日立製作所が実践している「ピープルアナリティクス」の内容と成果について、キーパーソン2人に話を聞いた。

一人ひとりに寄り添う人事 〜人と組織をデータで見える化〜
社員や組織に関するさまざまなデータを活用し、社員一人ひとりの生産性を向上させる日立人事部門の取り組みとは。

IDC Japan Webコラム

企業を取り巻く外的環境の変化だけではなく、企業活動の基盤を内部から支える従業員の属性、ニーズ、価値観などの多様化が急速に進み、人事部の役割や期待値が変化している。
働き方の未来を見据えて、人事部が取り組むべき対策は何か。

【第1回】激変するビジネス環境と、求められる人事部像

国内企業の現状や人事戦略の重要性、働き方の未来を見据えた施策について、海外での取り組みや事例、職場や働き方を変革するフレームワークをご紹介します。


【第2回】人事戦略の転換とHR Tech

国内企業が抱えている働き方に関する課題や、人事戦略の転換を後押しするHR Techについて、米国での取り組みをまじえ、ご紹介します。



ANALYST PROFILE

市川 和子氏

IDC Japan株式会社 ロゴ

市川 和子(いちかわ かずこ)
PC,携帯端末&クライアントソリューショングループマネージャー

グループマネージャーとして、PC, 携帯端末&クライアントソリューショングループを統括すると共に、日本のPC市場を担当するアナリストとして、市場予測や、マーケットトレンド/PCベンダーの戦略/競合状況の分析などを担当している。

IDC Japanに入社する前は、外資系ITベンダーにてマーケットリサーチマネージャー/マーケットインテリジェンスマネージャーとして10年以上勤務し、 日本支社の戦略策定や製品マーケティング施策策定に資するための市場分析やインサイトを提供することを業務としていた。製品としてはPC、タブレット、 スマートフォン、サーバーなどを対象とし、対象オーディエンスはコンシューマから企業ユーザー/ITマネージャーまでカバーし、関連分野に関する深い知見を醸成した。I Tベンダーに勤務する前は、マーケティングリサーチ会社で自動車会社、携帯端末メーカー、通信キャリア、ソフトウェアベンダーを担当し、カスタムリサーチの企画、 分析、報告書作成まで幅広く担当していた。