ページの本文へ

Hitachi

日立ワークスタイル変革ソリューション

日立は、ワークスタイル変革の見える化、経営改善につながる施策を実施し、従業員が働きやすい環境作りを続けています。
こうした自社の経験をもとに、コンサルティング、ソリューション、サービスで、お客さまのワークスタイル変革を支援します。

事例はこちら

おすすめ情報

日経ビジネス3月29日発売号(4月1日号)掲載記事を公開しました。
ワークスタイル変革の本当の目的を考えたとき、労働時間の削減はゴールといえるだろうか。「真のゴールは、捻出した時間で新たな価値創出を実現することにある」--。日立製作所が実践している「ピープルアナリティクス」の内容と成果について、キーパーソン2人に話を聞いた。

未来をひらく幸せな働き方
ワークスタイル変革を推進していく上で重要なことは?
イキイキ社員を増やし、生産性を高めていくダブルスパイラルアップに挑む日立の取り組みを紹介する。

一人ひとりに寄り添う人事 〜人と組織をデータで見える化〜
社員や組織に関するさまざまなデータを活用し、社員一人ひとりの生産性を向上させる日立人事部門の取り組みとは。

IDC Japan Webコラムを公開しました。
企業を取り巻く外的環境の変化だけではなく、企業活動の基盤を内部から支える従業員の多様化が進み、人事部の役割や期待値が変化している。働き方の未来を見据えて、人事部が取り組むべき対策について紹介する。

日立人財データ分析ソリューション

一人ひとりがいきいきと活躍できる社会の実現に向けて

これまで把握することが難しかった、社員の生産性や配置配属などに対する意識をデータとして見える化し、人事施策の高度化を支援します。

詳細はこちら

ソリューション/サービス

関連情報