ページの本文へ

Hitachi

日立ワークスタイル変革ソリューション

日立ワークスタイル変革ソリューション

市場のグローバル化、少子高齢化が進み、長時間残業が大きな社会問題となっている現在、企業を成長させていくためには、時間あたりの生産性を高めるとともに、従業員が最大限に力を発揮できる環境づくりが不可欠です。このような経営環境のなか、企業が価値を最大化していくために働き方を見直す動きが広がっています。

日立は、ワークスタイル変革の見える化、経営改善につながる施策を実施し、従業員が働きやすい環境作りを続けています。 こうした自社の経験をもとに、コンサルティング、ソリューション、サービスで、お客さまのワークスタイル変革を支援します。

日立ワークスタイル変革ソリューションとは

働き方の改革では、「制度」・「企業文化」・「IT」といった幅広い取り組みが必要であり、中長期的な視点で、継続的なPDCAサイクルが重要となります。

日立ワークスタイル変革ソリューションは、継続的なPDCAサイクルを実行していくために、働き方の見える化からご提案します。
働き方の見える化には、「現状の見える化」と「施策効果の見える化」のふたつがあります。「現状の見える化」は働き方改革の目標設定や課題抽出で行われる、従業員へのアンケートやヒアリングといった定性的な情報だけではなく、様々なデータを利用した定量的な情報の見える化が重要です。

また、「施策効果の見える化」は、仮説の設定、改善策の策定、改善結果の解析というように、次のアクションの明確化などプロセスを継続的に循環させていくことが重要と日立は考えています。この一連のプロセスを提供することによりお客さまのワークスタイル変革の取り組みを支援します。

ITログから現状の働き方を見える化し、ありたい姿から施策を立案

ITログから現状の働き方を見える化し、ありたい姿から施策を立案します

商品一覧

社員一人ひとりの価値向上

社外からの評価

性別や年齢、価値観といった人財の多様性を生かす企業風土づくりは、生き生きと働ける機会を従業員に提供するだけでなく、多面的な視点を加味したソリューションの提供などを通じて、企業の競争力強化にも貢献すると日立は考えています。
近年は、柔軟な働き方を可能とする人事施策にステークホルダーの関心が高まってきており、日立はその実現にも積極的に取り組み、社外からの評価を得ています。