ページの本文へ

Hitachi

日立ワークスタイル変革ソリューション

日立ワークスタイル変革ソリューション

市場のグローバル化が進むこの時代、企業を成長させていくためには、多様な人財が活躍できる環境、すなわち社員が尊重され、最大限に力が発揮できる環境づくりが不可欠です。 こうした経営環境において、企業が価値を最大化してくために働き方を見直す動きが広がっています。

日立は、ワークスタイル変革の効果を見える化し社員が生き生きと働ける環境作りに取り組んできました。 この自らの経験をもとに、生産性の向上やコスト削減などの課題を解決するだけでなく、個人の働きやすさ向上までサポート。社員、スタッフ部門、経営層が理想とするワークスタイル実現のお手伝いをいたします。


日立ワークスタイル変革ソリューション

ワークスタイル変革では、そのPDCAサイクルにおいて、課題整理、コストの見える化と数値目標の設定、改善策の策定、改善結果の解析、次のアクションの明確化など、プロセスを継続的に循環させていくことが重要です。日立ワークスタイル変革ソリューションは、その一連のプロセスを以下の枠組みで提供することによりお客さまのワークスタイル変革の取り組みをご支援します。

チェンジマネジメント

「チェンジマネジメント」では、お客さまのワークスタイル変革の目的、モニタリング指標制定の取り組みを支援します。ITを活用しワークスタイル変革の効果を見える化、改善施策の立案と実行、結果分析とさらなる改善を継続的にサポート。例えば、社内の制度整備、定着化、従業員満足度の向上、さらに生産性向上につなげることを目標とします。

フレキシブルワーク

「フレキシブルワーク」では、多様な状況下にある人財がチーム力を発揮できるよう、時間や場所に縛られない働き方を実現するための情報基盤を提供します。例えば、いつでもどこでもオフィスと同様の環境にアクセスできる基盤の提供や、企業間、組織間におけるコラボレーションを実現する環境の提供など、お客さまのニーズに合わせたIT環境作りを支援します。

デジタルワーク

「デジタルワーク」では、仕事の効率を上げ、生産性の向上に寄与する便利なサービスを取り揃え、「フレキシブルワーク」で提供する各種情報基盤との連携を行っていきます。例えば、これまで書類で管理していた業務をデジタル化したワークフローに置き換えることで時間を生み出し、本来取り組むべき業務に割り当て、コア業務の時間創出を支援します。



社外からの評価

性別や年齢、価値観といった人財の多様性を生かす企業風土づくりは、生き生きと働ける機会を従業員に提供するだけでなく、多面的な視点を加味したソリューションの提供などを通じて、企業の競争力強化にも貢献すると日立は考えています。
近年は、柔軟な働き方を可能とする人事施策にステークホルダーの関心が高まってきており、日立はその実現にも積極的に取り組み、社外からの評価を得ています。