ページの本文へ

Hitachi

Windows情報:BladeSymphony/HA8000シリーズのWindows情報掲載

こちらのページでは、2016年9月28日現在のHA8000シリーズ、BladeSymphonyシリーズで、 Windows Server 2012を購入される場合の注意事項や、制限事項について記載します。
Windows Server 2012を購入される前に、必ずお読みください。

Windows Server 2012について

Windows Server 2012は64bit版アーキテクチャのみの提供となります。
また、Windows Server 2012は、CAL(Client Access License)を付属しておりません。ご使用環境に応じて、デバイスCAL/ユーザーCALもあわせて日立からご購入ください。

BIOSの設定でブート方式を「UEFI」に設定してからOSインストールを行ってください。(対象装置:RS220xN, RS210xN, RS220xN1、RS210xN1、TS20xN)

BIOSの設定で「X2APIC」を「Enabled」にしてからOSインストールを行ってください。(対象装置:RS220xN, RS210xN, RS220xN1、RS210xN1、TS20xN)

ディスクやパーティション(ドライブ)が複数存在する場合のインストール時の注意事項

ディスクやパーティション(ドライブ)が複数存在する場合、セットアップ時にインストール対象として複数のディスクが表示されますが、表示されるディスクの順番や番号は常に変化し一定ではありません。複数のディスクが見えた状態でセットアップを行う場合、インストールする目的のディスクは順番や番号ではなく、ディスクのサイズで判断してください。
このため、システム装置に搭載するディスクアレイやハードディスクの容量は、ドライブごとに違う容量で構成してください。
対象のディスクやパーティションの選択を間違えると、既存パーティション(既存データ)を削除してしまう可能性があります。
詳細については下記マイクロソフト社サイトをご参照ください。

BitLockerサポートについて

以下のモデルにおいて、TPM(Trusted Platform Module)を使用したBitLockerをサポートしました。

  • HA8000/RS220xN,xN1,xN2、 RS210xN,xN1,xN2、TS20xN,xN2、RS440xN、RS220-hxM,xM1,xM2、RS220xM,xM1、RS220-sxM,xM1、RS210-hxM,xM1,xM2、RS210xM,xM1、RS110xN、RS110-hxM,xM1、TS20xM,xM1、TS10xN、TS10-hxM,xM1
  • BladeSymphony BS520A:x1モデル
  • BladeSymphony BS520H:x1モデル、x2モデル、x3モデル、x4モデル
  • BladeSymphony BS520X: x1モデル、x2モデル
  • BladeSymphony BS540A:x1モデル
  • BladeSymphony BS2500高性能サーバブレードx1モデル、x2モデル、x3モデル
  • BladeSymphony BS2500標準サーバブレードx1モデル、x2モデル
  • BladeSymphony BS2000標準サーバブレードx3モデル, x4モデル

BitLockerの使用にあたっては以下の点についてご注意ください。

  • USBフラッシュドライブ等を使用したBitLockerは未サポートです。
  • BitLockerはドライブ暗号化しますのでミドルソフトについて未サポート、動作上の注意事項がある場合がありますので購入元に確認のうえ購入をお願いします。
  • 「JP1/ServerConductor/DeploymentManager」はBitLocker未サポートです。
  • ハード保守作業、増設作業時は事前にBitLockerをオフにする必要があります。
    (システム装置が起動できず事前にオフできない場合は保守作業後に回復パスワード入力してください)

ライセンス認証(アクティベーション)について

Windows Server 2012プレインストールモデルは、マイクロソフトライセンス認証(アクティベーション)を自動的に回避できますが、それ以外のモデルを購入、市販・ボリュームライセンス等で入手したWindows Server 2012を使用する場合はライセンス認証が必要となる場合があります。
詳細はOS購入元に確認をお願いします。

マルチパスI/O パス障害時のダンプ取得について

Windows Server 2012のマルチパスI/O環境における、パス障害が発生状態の、メモリダンプを取得することは出来ません。

この問題は、修正モジュールKB2811660/KB2853466で修正されています。Windows Server 2012でマルチパスI/O環境を構築する場合は、必ず修正モジュールKB2811660/KB2853466を適用してください。

マルチパスI/O パス障害の復旧について

Windows Server 2012標準のマルチパスI/O環境における、パス障害復旧時もしくは新規パス追加時にパスの情報を確認すると、ブルースクリーンになる場合があります。
この問題は、修正モジュールKB2785094で修正されています。Windows Server 2012標準のマルチパスI/O環境を構築する場合は、必ず修正モジュールKB2785094を適用してください。

JP1/ServerConductor/Blade Server Managerについて

JP1/ServerConductor/Blade Server Managerは、V09-54以降よりWindows Server 2012環境での動作をサポートしました。
ただし、次の機能を使用する場合は、V09-55以降を適用してください。

  • 「リモートコントロールビューア」コンポーネント

本件に関するお問い合わせは、下記へお願いいたします。

JP1/ServerConductor/Agentについて

JP1/ServerConductor/Agentは、V09-54以降よりWindows Server 2012環境での動作をサポートしました。
ただし、次の機能を使用する場合は、V09-55以降を適用してください。

  • 「リモートコントロールサービス」コンポーネント

本件に関するお問い合わせは、下記へお願いいたします。

JP1/ServerConductor/Advanced Agentについて

JP1/ServerConductor/Advanced Agentは、V09-50-/A以降よりWindows Serverreg; 2012環境での動作をサポートしました。

本件に関するお問い合わせは、下記へお願いいたします。

JP1/ServerConductor/Deployment Managerについて

JP1/ServerConductor/Deployment Managerは、V09-54でWindows Server 2012環境のバックアップ・リストアをサポートしました。
V09-55以降で、Windows Server 2012環境のディスク複製OSインストールおよびサービスパック/HotFix適用をサポートしました。
V09-54では、Windows Server 2012環境へのインストールをサポートするコンポーネントは「DPMクライアント」だけです。
V09-55以降では、すべてのコンポーネントで、Windows Server 2012環境へのインストールをサポートします。

JP1/NETM/Remote Control Agent ご使用時の注意事項について

下記に示す対象機種において、Windows Server 2012の環境下で、JP1/NETM/Remote Control Agent(*1)またはWindows Server 2012のリモートアシスタンス機能を使用してリモートコントロールを行う場合、以下の事象が発生することがあります。

*1
JP1/NETM/Remote Control Agentは、JP1/ServerConductor/Agentのリモートコントロールサービスを選択した場合にもインストールされます。
  • マウスポインタが表示されない。
  • マウスポインタ自体は表示されるものの、ポインタの形状が砂時計やIビームアイコンなどに変化しない。

上記の機能を Windows Server 2012環境でご使用になる場合、下記のURLから対策版表示ドライバ(バージョン:9.15.01.0097)を ダウンロードして、更新してください。

(対象機種)
 HA8000/RS220-h xM2,xM1,xM、RS210-h xM2,xM1,xM、RS220xM1,xM、RS220-sxM1,xM、
 RS210xM1,xM、RS110-hxM1,xM、
 TS20xM1,xM、TS10-hxM1,xM、RS110xM,xL2,xL1,xL、TS10xM,xL2,xL1,xL、SS10xL2,xL1,xL

(URL)
 http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/OSD/pc/ha/download/drv/drv_htm/matrox_05.html

HA8000シリーズ
UPS管理ソフト PowerChute Business Edition/PowerChute Network Shutdownについて

HA8000シリーズUPS管理ソフト PowerChute Business Edition/PowerChute Network Shutdownは、Business EditionはVer.9.0.1以降より、Network ShutdownはVer.3.0.1以降よりサポートを開始しました。

HA8000シリーズ
UPS管理ソフト PowerMonitorHについて

HA8000シリーズUPS管理ソフト PowerMonitorHは、未サポートです。

HA8000シリーズ/BladeSymphony UPS管理ソフト PowerMonitor H for Networkについて

UPS管理ソフト PowerMonitor H for Networkは、サポートを開始しました。

エントリークラスディスクアレイ装置BR1650について

コンパクトディスクアレイ装置BR1650は、サポートを開始しました。

エントリークラスディスクアレイ装置BR1200について

コンパクトディスクアレイ装置BR1200は、ファームウェア:07.84.37.00以降にてサポートを開始しました。

エントリークラスディスクアレイ装置BR1250について

エントリークラスディスクアレイ装置BR1250について、サポートを開始しました。

テープライブラリ装置/テープエンクロージャについて

テープライブラリ装置/テープエンクロージャは、サポートを開始しました。
サポートされるバックアップアプリケーションの対応状況は、ソフトウェアの注意事項や制限事項を参照してください。

内蔵DATについて

UD571A/UD572A形DAT72については、ドライバセットアップが必要になります。
WEBよりダウンロードしてお使い下さい。

CA ARCserve Backup r16.5 for Windowsについて

CA ARCserve Backup r16.5 for Windowsについて、サポートを開始しました。
2012/04/26時点のサポート機種はHA8000/xM1,xL2モデル(2012年11月〜)以降のモデルが対象です。(過去機種サポートについては検討中)
システム復旧には、Disaster Recovery Optionが必要です。

CA ARCserve Backup r16 for Windowsについて

CA ARCserve Backup r16 for Windowsは、未サポートとなります。
CA ARCserve Backup r16 for WindowsでのWindows Server 2012 の対応予定はございません。

JP1/VERITAS Backup Exec2012について

JP1/VERITAS Backup Exec2012は未サポートです。

JP1/VERITAS Backup Exec2014について

JP1/VERITAS Backup Exec2014はサポートを開始しました。

HA8000シリーズ/BladeSymphony LAN Intel PROSetについて

HA8000シリーズ/BladeSymphonyのLAN Intel PRoSetは、Windows Server 2012は未サポートとなります。OS機能のNICチーミング機能をご使用ください。
OS機能のNICチーミング機能の使い方については、マイクロソフト社のWebページを、制限事項は"Hitachi Server Navigator OSセットアップガイド"をご参照ください。

HA8000シリーズ/BladeSymphony LAN BACS4(Broadcom Advanced Control Suite 4)について

HA8000シリーズ/BladeSymphonyのLAN BACS4は、Windows Server 2012は未サポートとなります。OS機能のNICチーミング機能をご使用ください。
OS機能のNICチーミング機能の使い方については、マイクロソフト社のWebページを、制限事項は"Hitachi Server Navigator OSセットアップガイド"をご参照ください。

BladeSymphony LAN Emulex One-Command NIC Teaming and VLAN Managerについて

BladeSymphony One-Command NIC Teaming and VLAN Managerは、Windows Server 2012は未サポートとなります。OS機能のNICチーミング機能をご使用ください。
OS機能のNICチーミング機能の使い方については、マイクロソフト社のWebページを、制限事項は"Hitachi Server Navigator OSセットアップガイド"をご参照ください。

HA8000/RS440用オプション RMMボードについて

HA8000/RS440用オプション RMMボードは、Windows Server 2012でのリモートコンソール機能は非サポートとなります。OS機能のリモートデスクトップサービスをご使用ください。
Windows Server 2012が起動する前のEFIやBIOSメニューについては、RMMボードを用いたリモートでの操作が可能です。

BladeSymphony Emulex 10Gbps CNA/LANにおけるポート分割時のチーミングについて

BladeSymphony Emulex 10Gbps CNA/LANにおいてポート分割をしているNICポートでOS標準のNICチーミング機能を使いLACPを構成した場合 通信が出来ません。
ポート分割をしているNICポートでOS標準のNICチーミング機能を使ったLACPは構成しないでください。

HA8000シリーズ用リモートコンソールオプションGQS-VSS7BR10EXについて

HA8000/TS10、RS110、SS10(xL,xL1)において、リモートコンソールオプションGQS-VSS7BR10EXは、Windows Server 2012非サポートです。

HA8000/RS440(xL,xL1用)オプションLANボードについて

LANボード:GQ-CN7572,CN7574,CN7582は、Windows Server 2012非サポートです。

HA8000/RS440用オプションSVPボードについて

SVPボード:GQ-CM7961は、Windows Server 2012非サポートです。

HA8000シリーズ用オプションSCSIボードについて

SCSIボード:GQ-CS7401は、Windows Server 2012非サポートです。

BladeSymphonyシリーズ 対応ファームウェアバージョンについて

以下のバージョンで、Windows Server 2012をサポートします。
対象バージョン以前のブレードファームウェアが導入されている装置へWindows Server 2012を導入する場合は、ファームウェアのアップデートが必要です。

●BladeSymphony BS320(C51R6/C51H6/C51S6/C51P6)

  • EFI:F7以降

●BladeSymphony BS320(C51R5/C51H5/C51S5/C51P5)

  • BIOS:G26以降
  • Virtage:17-90以降

●BladeSymphony BS2000(E55R3/E55S3)

  • EFI:09-51以降または10-51以降
  • Virtage:59-20以降

●BladeSymphony BS2000(E55A2)

  • EFI:03-57以降または04-57以降
  • Virtage:59-30以降

●BladeSymphony BS2000(E57A2/E57E2)

  • EFI:07-49以降または08-49以降
  • Virtage:79-20以降

●BladeSymphony BS2000(E57A1/E57E1)

  • EFI:03-32以降または04-32以降
  • Virtage:79-30以降

●BladeSymphony BS500(BS520H A2/B2/B3/B4サーバブレード)

  • BS520H A2/B2/B3/B4サーバブレードファームウェア:アップデート不要(初期出荷分より対象)
  • Virtageファームウェア
    • BS520H A2/B2:01-60以降
    • BS520H B3:02-05以降
    • BS520H B4:02-50以降

●BladeSymphony BS500(BS520H A1/B1サーバブレード)

  • BS520H A1/B1サーバブレードファームウェア:01-59以降
  • Virtage:01-30以降

●BladeSymphony BS500(BS520X B1/B2サーバブレード)

  • BS520X B1/B2サーバブレードファームウェア:アップデート不要(初期出荷分より対象)
  • Virtageファームウェア
    • BS520X B1:02-01以降
    • BS520X B2:02-20以降

●BladeSymphony BS500(BS520A A1サーバブレード)

  • BS520A A1サーバブレードファームウェア:02-29以降
  • Virtage:01-30以降

●BladeSymphony BS500(BS540A A1/B1サーバブレード)

  • BS540A A1/B1サーバブレードファームウェア:03-10以降
  • Virtage:01-30以降

●BladeSymphony BS2500(HE0A1/HE0A2/HE0A3/HE0E1/HE0E2/HE0E3/HC0A1/HC0A2)

  • EFI:アップデート不要(初期出荷分より対象)
  • Virtageファームウェア
    • HE0A1/HE0E1:02-02以降
    • HE0A2/HE0E2:02-20以降
    • HE0A3/HE0E3:02-55以降
    • HC0A1:02-05以降
    • HC0A2:02-50以降
  • * BS320(C51H5)(日立製 HRA381 RAID搭載)モデルはWindows Server 2012非サポートです。
  • * BS320x5モデルのiSCSIブート構成はWindows Server 2012非サポートです。