ページの本文へ

Hitachi

Windows情報:BladeSymphony/HA8000シリーズのWindows情報掲載

ここでは、2016年2月10日現在の統合サービスプラットフォーム BladeSymphony、日立アドバンストサーバHA8000シリーズ、共通機器にMicrosoft Windows Server 2008 R2 Service Pack 1を適用される場合の注意事項、制限事項を記載しています。Service Pack 1を適用される前に、必ずお読み下さい。
以降、Service PackをSPと表記します。

Windows Server 2008 R2 Service Pack 1について

SP1の適用環境

SP1は、以下の環境に適用可能です。

  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Foundation

SP1は、Microsoft社のWebよりダウンロード可能です。

SP1を適用する前に

SP1をインストールする前に必ず下記修正モジュール(KB2487426)を適用して下さい。
SP1をインストールする前に以下修正プログラムを適用しなかった場合、32bitアプリケーションがアプリケーションエラーを出力します。

4.Hyper-V Dynamic Memory(新機能)について

Hyper-V Dynamic Memoryの動作確認済みゲストOSは、以下のとおりです。

  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Standard 日本語版(SP1)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Enterprise 日本語版(SP1)
  • Microsoft Windows Server 2008 R2 Datacenter 日本語版(SP1)
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard 日本語版(SP2)
  • Microsoft Windows Server 2008 Enterprise 日本語版(SP2)
  • Microsoft Windows Server 2008 Datacenter 日本語版(SP2)
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard 日本語版(SP2)(32-bit)
  • Microsoft Windows Server 2008 Enterprise 日本語版(SP2)(32-bit)
  • Microsoft Windows Server 2008 Datacenter 日本語版(SP2)(32-bit)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2,Standard Edition 日本語版(SP2)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2,Enterprise Edition 日本語版(SP2)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2,Standard x64 Edition 日本語版(SP2)
  • Microsoft Windows Server 2003 R2,Enterprise x64 Edition 日本語版(SP2)
  • Microsoft Windows Server 2003,Standard Edition日本語版(SP2)
  • Microsoft Windows Server 2003,Enterprise Edition日本語版(SP2)
  • Microsoft Windows Server 2003,Standard x64 Edition日本語版(SP2)
  • Microsoft Windows Server 2003,Enterprise x64 Edition日本語版(SP2)
  • Microsoft Windows7 Professional x86 Edition(SP1)
  • Microsoft Windows7 Enterprise x86 Edition(SP1)
  • Microsoft Windows7 Ultimate x86 Edition(SP1)
  • Microsoft Windows7 Professional x64 Edition(SP1)
  • Microsoft Windows7 Enterprise x64 Edition(SP1)
  • Microsoft Windows7 Ultimate x64 Edition(SP1)
  • Microsoft WindowsVista Business x86 Edition(SP2)
  • Microsoft WindowsVista Enterprise x86 Edition(SP2)
  • Microsoft WindowsVista Ultimate x86 Edition(SP2)

Windows Server 2008 Standard 日本語版(SP2)/Windows Server 2008 Standard 日本語版(SP2)(32-bit)をゲストOSで利用する場合、Hyper-V Dynamic Memoryを有効にする前にゲストOSに 以下修正モジュールを適用してください。

RemoteFX(新機能)について

BladeSymphony、HA8000ではシステム製品仕様により支援されません。

HA8000シリーズ RS110xL/TS10xL/SS10xLモデルでSP1適用した後に

HA8000シリーズ RS110xL/TS10xL/SS10xLモデルでSP1をインストールした後に必ず下記修正モジュール(KB2528507)を適用して下さい。以下修正モジュールを適用しなかった場合、メモリダンプ時にファイルが壊れる可能性があります。

BIOSの設定でブート方式を「Legacy」に設定してからOSインストールを行ってください。(対象装置:RS220xNxN1, RS210xNxN1, TS20xN)

BIOSの設定で「X2APIC」を「Disabled」にしてからOSインストールを行ってください。(対象装置:RS220xNxN1, RS210xNxN1, TS20xN)

EFIの設定でUSB Configurationの「xHCI」を「Disable」に設定することにより、USB 3.0を無効化することが必須となります。「auto」又は「Enabled」に設定したままの場合、リモートコンソールのUSBデバイスが使用不可になる場合があります。(対象装置:BS520H B3)

SystemInstallerについて

SystemInstaller(構成マネージャ)は以下のバージョンからSP1に対応しています。

  • HA8000 : 1202-10以降
  • BS320: 15-06以降
  • BS500: 01-00以降
  • BS2000 : 20-01以降

上記バージョン以外は、SystemInstaller(構成マネージャ)はSP1インストール済みの環境で使用することは出来ません。
SystemInstaller(構成マネージャ)を使用する場合は、SystemInstaller(構成マネージャ)によるセットアップを完了させたあとにSP1をインストールしてください。

HA8000シリーズでのドライバ/アプリケーション更新について

HA8000シリーズでSP1適用する場合、以下のドライバ/アプリケーションの更新(オプションLANボードも含め)が必要です。

HA8000シリーズ用Log Monitor(ハードウェア保守エージェント)について

HA8000シリーズでSP1適用する場合、Log Monitor(ハードウェア保守エージェント)の更新が必要です。

BladeSymphonyシリーズ用保守エージェントについて

BladeSymphonyシリーズでHitachi Gigabit Fibre Channel製品の障害検知を使用する場合、保守エージェントの更新が必要です。

  • BS2000: 08-05/A以降へ更新
  • BS320 : 07-56/A以降へ更新
  • BS2000は2011年7月以降は、出荷時よりサポートしております。
  • BS320は2011年9月以降は、出荷時よりサポートしております。

システム情報採取ツールについて

SP1での検証は完了いたしました。

HA8000シリーズ用 MagaRAID Storage Managerについて

SP1での検証は完了いたしました。

HA8000シリーズ用 HRA Utilityについて

SP1での検証は完了いたしました。

JP1/ServerConductor/BladeServerManagerについて

SP1での検証は完了いたしました。

JP1/ServerConductor/AgentおよびAdvanced Agentについて

SP1での検証は完了いたしました。

JP1/ServerConductor/DeploymentManagerについて

SP1での検証は完了いたしました。

エントリークラスディスクアレイ装置BR1600について

SP1での検証は完了いたしました。

エントリークラスディスクアレイ装置BR1200について

SP1での検証は完了いたしました。(ファームウエア:07.77.09.00以降にてサポートします)

CA ARCserve Backup r16.5 for Windowsについて

SP1の検証は完了いたしました。

CA ARCserve Backup r16 for Windowsについて

SP1での検証は完了いたしました。

CA ARCserve Backup r15 for Windowsについて

SP1での検証は完了いたしました。
※Windows 2008 R2 SP1はCA ARCserve Backup r15 SP1で対応

JP1/VERITAS Backup Exec2012について

SP1の検証は完了いたしました。

日立サーバ仮想化機構Virtageについて

SP1での検証は完了いたしました。

Adobe Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe® Reader®が必要です。